特別トークイベント:今注目の映画祭は?最新レポート・2018年夏〜秋編

特別トークイベント

今注目の映画祭は?最新レポート・2018年夏〜秋編

出演:澤隆志(映像キュレーター)+山下宏洋(イメージフォーラム ・フェスティバル・ディレクター)

 

 

 

毎年世界各地の映画祭に参加する映像キュレーター2人が、今年夏から秋にかけて自ら参加した映画祭の最新レポート。映画祭は、カンヌやヴェネツィアなどメジャーなものだけでなく、規模の大小や開催形式を含め、あらゆる独自な形式の映画祭が世界に数多存在する。開催される地域の社会/政治/文化状況を如実に反映する場である映画祭。映画祭には新たな映像表現が生まれるためのプレイグラウンドとしての機能もある。日本人映画関係者が参加することがほぼ無い、知られざる映画祭たちの魅力とそれぞれが持つこれからの可能性についての報告会。今、注目の映画祭は?映画祭から生まれつつある新しい表現とは?

 

レポート対象の映画祭:

第7回ワッタン映画祭(ミャンマー)http://www.wathannfilmfestival.com

バンコク・ビエンナーレ  http://bangkokbiennial.com/wiki/index.php?title=Main_Page

Sea Shorts映画祭2018(マレーシア)http://www.nextnewwave.com.my/seashorts2018/

第4回Minikino Filmweek(インドネシア)https://minikino.org/filmweek/en/

第16回Doc Lisboa(リスボン)https://www.doclisboa.org/2018/

第1回ACCシネマテーク(韓国)https://www.acc.go.kr/en

第23回釜山映画祭(韓国)http://www.biff.kr/eng/

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018  http://www.focus-on-asia.com

 

日時:2018年12月7日(金)19時〜21時

場所:イメージフォーラム 3階「寺山修司」

料金:500円

 

出演者プロフィール:

■澤隆志:イメージフォーラム・フェスティバル・ディレクター(2001-10)を経て現在はフリーランスのキュレーター。あいちトリエンナーレ(2013)、東京都庭園美術館(2015,16) 、青森県立美術館(2017,18)などでキュレーション。その他に「Track Top Tokyo」(2016) 、「都市防災ブートキャンプ」(2017)、「めぐりあいJAXA」(2016-18)などを手がけている。

 

■山下宏洋:2001年から現在に至るまでイメージフォーラム・フェスティバルにてディレクターを務める。シアター・イメージフォーラムの番組編成担当。これまで世界各地の映画祭、メディアアート・フェスティバル、上映イベントなどでゲスト・プログラマー、キュレーター、審査員を数多く務めている。