国内外の映像アート作品の上映、レクチャーを定期開催。古典的名作 から、最新の実験映画まで

back next
No.1005 ユーゴスラビア実験映画1960-70年代:ベオグラードのシネマクラブたち
Yugoslav experimental films 1960-1970’s: Belgrade cinema clubs
2018 5/11 Fri
  • The Wall

    The Wall


  • Smoke and water

    Smoke and water


  • The Raven

    The Raven


  • From you to me

    From you to me


  • Triptych on substance and death

    Triptych on substance and death


  • The Dog

    The Dog


  • Vowels

    Vowels


  • Ecstasy

    Ecstasy


  • Straight line

    Straight line



イントロダクション Introduction

アカデミック・フィルムセンター(AFC)は、1958年にアカデミック・シネクラブとして設立された。その長い歴史においてユーゴスラビアにおける最も重要で、多くの賞を受賞しているシネマクラブとなったが、それはAFCの製作スタジオでフィルムやビデオ作品を制作した数多の作家たちの努力による。1976年以降センターは、ベオグラードの市立学生文化センターの一部門として機能している。また、AFCは「オルタネイティブ映画アーカイブ」を運営しており、700以上のユーゴスラビアおよびセルビアのアヴァンギャルド映画/ビデオ作品の貴重なコレクションを保有している。

このプログラムは、ユーゴスラビア映画黄金時代(1960-70年代)に実験映画やオルタネイティブ映画を創作したAFC作家たちの第一世代に主に焦点を当てたものである。多くの作家にとって、実験映画制作は、より職業的な映画制作の道への入り口となった。


Academic Film Center (AFC) was founded in 1958 under the name of Academic Cine Club. Through its long history it became one of the most significant and most awarded film clubs in Yugoslavia, owing to the efforts of numerous authors who created their films and videos in the AFC production studio. Since 1976 the Center operates as a part of Students’ City Cultural Center in Belgrade. AFC also runs an Archive of alternative films, which holds a precious collection of more then 700 works of Yugoslav and Serbian avant-garde cinema and video.

This program focuses mainly on the first generation of AFC authors, who created experimental and alternative films in the golden era of Yugoslav cinema(1960-1970’s). For many of them, experimental film practice provided an entryinto the field of professional cinema production.


上映プログラム Program

12作品 88分
  コカン・ラコニャツ/16ミリ/10分/1961
煙と水  ドラゴスラヴ・ラージッチ/16ミリ/10分/1962
大鴉  ニコラ・ジューリッチ/16ミリ/7分/1973
あなたから私へ  ミルコ・アヴラモヴィッチ+ミオドラグ・タラナ/8ミリ/3分/1972
物質と死についてのトリプティク  ジヴォイン・パヴロヴィッチ/16ミリ/8分/1960
  ミラン・イェーリッチ/16ミリ/7分/1967
母音  ニコラ・ジューリッチ/16ミリ/8分/1973
エクスタシー  ペタル・ドシテイ・アランジェーロヴィッチ/16ミリ/5分/1963
直線  トム・ゴトヴァッツ/16ミリ/7分/1964
テレビは私の庭で座る時に向かう映画館だ  ボヤン・ヨヴァノヴィッチ/8ミリ/5分/1974
紫の距離にある手  サヴァ・トリフコヴィッチ/16ミリ/10分/1962
  ラドスラヴ・ヴラーディチ/16ミリ/8分/1977

12 films, 88 minutes
The Wall (Zid)  Kokan Rakonjac 16mm on digital/10min/1961
Smoke and water (Dim i voda)  Dragoslav Lazić 16mm on digital/10min/1962
The Raven (Gavran)  Nikola Đurić 16mm on digital/7min/1973
From you to me (Od tebe do mene)   Mirko Avramović i Miodrag Tarana 8mm on digital/3min/1972
Triptych on substance and death (Triptih o materiji i smrti)   Živojin Pavlović 16mm on digital/8min/1960
The Dog (Pas)  Milan Jelić 16mm on digital/7min/1967
Vowels (Samoglasnici)  Nikola Đurić 16mm on digital/8min/1973
Ecstasy (Esktaza)  Petar Dositej Aranđelović 16mm on digital/5min/1963
Straight line (Pravac)  Tom Gotovac 16mm on digital/7min/1964
TV is a cinema where I go by sitting in my backyard (TV je bioskop u koji odlazim sedeći u dvorištu)  Bojan Jovanović 8mm on digital/5min/1974
Hands in the purple distances (Ruke ljubičastih daljina)  Sava Trifković 16mm on digital/10min/1962
The House (Kuća)  Radoslav Vladić 16mm on digital/8min/1977

※キュレーション:マルコ・グリバッチッチ(ベオグラード大学)
※すべてデジタル版での上映
※上映後、マルコ・グリバッチッチによる質疑応答あり
※上映作品に日本語字幕はありません(英語字幕)

※Program curated and presented by: Marko Grubacic (curator)
※Q&A with the curator: Marko Grubacic
※English subtitles: no Japanese subtitles


    タイムテーブル Schedule

日付 5/11
19:00

    会場 Venue

  • イメージフォーラム3F「寺山修司」
    東京都渋谷区渋谷2-10-2

    Image Forum 3F "Terayama Shuji"
    2-10-2, Shibuya, Shibuya-ku
    TEL. 03-5766-0116

    当日受付 Door

  • 一般700円/会員500円
  • General 700 yen, Members 500 yen

  • 協力:アカデミック・フィルムセンター
  • Cooperation: Academic Film Center


  • TV is a cinema where I go by sitting in my backyard

    TV is a cinema where I go by sitting in my backyard


  • Straight line

    Hands in the purple distances


  • The Hous

    The Hous
  • イメージフォーラムtwitter
  • イメージフォーラムFacebook
  • IFF
  • イメージフォーラム映像研究所
  • >