国内外の映像アート作品の上映、レクチャーを定期開催。古典的名作 から、最新の実験映画まで

back  next
サン・ピエトロの戦い●ジョン・ヒューストン監督が見たイタリア戦線の過酷な実態。ヒューストンが陸軍通信隊のために作った二本目の作品。1944年に製作を完了していたにもかかわらず、様々な事情で1945年の戦争終結1ヶ月前まで公開が見送られた。

ニッポンバンザイ●朝日映画社。実写併用のアニメーション。南方における英、蘭の横暴ぶりと大東亜共栄圏建設の理想をルーズベルト、チャーチル、將介石などのカリカチュアと共に描く。

意志の勝利●1934年のニュルンベルクでのナチス党大会の記録映画。当時32歳だったレ二・リーフェンシュタールのもとにアドルフ・ヒトラーから直接依頼があったという。16人の一流カメラマンを含む120人の技術者、30台のカメラと22台の自動車が割り当てられ、空前の規模で製作された。

鋤の光・大東亜建設へ●満州開拓移民を勧誘する宣伝映画。移民志願者を受け付ける様子などが描かれる。

冬の移住地●満州への入植を激励する宣伝映画。満州がそれほど厳しい気候ではないことをデータを挙げて解説している。日本村での実り豊かな収穫の様子が紹介される。

花大人(はなたいじん)●日露戦争における功労者、花田中佐が再び戦地を訪問したときの記録。花大人とは彼につけられたニックネームらしい。

満州国皇帝訪問●1935年に満州国皇帝溥儀が日本を訪問した際の記録。大連港から軍艦比叡で横浜港に到着、そこで秩父宮の出迎えを受けた。さらに鉄道で東京駅に到着し、昭和天皇の出迎えを受けた。
(山形国際ドキュメンタリー映画祭95,97カタログより)
鋤の光・大東亜の建設へ
1:00
3:00
5:00
7:00
12/2
A
B
C
D
12/9
D
C
B
A
受付(入替制)
当日900円/会員600円

<上映作品>
プログラムA: 国策映画
サン・ピエトロの戦い
ジョン・ヒューストン/32分/16ミリ版/アメリカ/1945
戦争とスポーツ
ハンス・ウィルヘルム/30分/16ミリ版/ドイツ/1942
ニッポンバンザイ
荒井和五郎/10分/16ミリ版/日本/1943

プログラムB: ナチスの信念
意志の勝利
レニ・リーフェンシュタール/110分/16ミリ版/ドイツ/1935

プログラムC: 我らの兵器
我らの兵器・戦車
安積幸二/15分/16ミリ版/日本/1941
航空基地
45分/16ミリ版/日本/1941

プログラムD: 夢の満州
鋤の光・大東亜の建設へ
23分/16ミリ版/194x
冬の移住地
35分/16ミリ版/194x
花大人
24分/16ミリ版/193x
満州国皇帝訪問
11分/16ミリ版/193x


作品提供 プラネット映画資料図書館

  • イメージフォーラムtwitter
  • イメージフォーラムFacebook
  • IFF
  • イメージフォーラム映像研究所
  • >