国内外の映像アート作品の上映、レクチャーを定期開催。古典的名作 から、最新の実験映画まで

back next
作家研究連続講座vol.3ー工藤里沙
「夜のファンタジー」
12/5(金)6(土)7(日)13(土)14(日)

    タイムテーブル

    日付 2:00 4:30 7:30
    12/5 - - B
    12/6 - - B
    12/7 A B -
    12/13 - - B
    12/14 A B -

    受付

  • 当日700円 会員500円 
  • 真空会

    真空会
  • ダガガダ

    ダガガダ
  • 少年歌

    少年歌
  • FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー

    FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー
  • FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー

    FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー

トークゲスト決定!
小林エリカ(漫画家、小説家)+蔭山周(映像作家)<12/5 7:30の回終了後>
本多力(俳優「ヨーロッパ企画」)<12/6 7:30の回終了後>
松本俊夫(映像作家)<12/7 2:00の回終了後>
宮台真司(社会学者)<12/13 7:30の回終了後>
辻村友晴(ミュージシャン:キセル)<12/14 4:30の回終了後>

「戻るひと、戻らないひと、戻れないひと、たましいのうねり」
イメージフォーラム・フェスティバル2002に入賞した工藤里沙作品『ダガガダ』の冒頭にあらわれるテクストは、工藤里沙の一連の映画作品のトーンを端的に表現している。この世ともあの世ともつかない世界から迷い込んだ人物、この世と接続しないままを生きる人物、そもそもこの世の新参者である子供たち(いつもぴかぴかに仕立てた服を着ていることに注目)による、生産性や実益とは切り離されたふわふわとした物語。
工藤本人はそれを「夜のファンタジー」と名付けた。思うにファンタジーはファンシーと似ているようで少し異なる。ファンシーは(日本では)装飾的で少女趣味的な、狭義のカワイイを体現する言葉で、工藤作品を彷彿させる節もあるが、やはりファンタジーが相応しい。なぜか。2つの語の違いは実益の有無にある。言い換えれば、ファンタジーが描くのは「はっきり見えるあちら側」「安心して実用に足る幻想」ではなくて、「こちら側の弱さ、あやうさ」であり工藤作品の登場人物もまた壊れやすさを体現している。そんな弱さの構成員たちを工藤は物語的に回収せずに放し飼いにしてしまう。
工藤のビデオは危険だ。プロの世界で身につけた複雑な合成エフェクトや、一見ありがちなノスタルジー世界につられて、安心して見ていられるファンシーな作品かと思いきや、その危うさにつられてうっかり自らの弱さも引き出される奇妙なうねりが現れ、戻れないひとにされる。(澤隆志)

Aプログラム

真空会 ビデオ/19分/1999 
真空花 16ミリ/12分/2001
ダガガダ ビデオ/52分/2001
少年歌 ビデオ/31分/2002

Bプログラム

新作プロモーションビデオ ビデオ/5分/2008
FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー ビデオ/45分/2008

工藤里沙 (くどうりさ)

1977年北海道生まれ。イメージフォーラム映像研究所第22期卒業。東京育ち。映像作家。 BCSF(http://www.bcsf.jp/)主宰。 『ダガガダ』イメージフォーラムフェスティバル2002入選、 『少年歌』2003年劇場公開、その他キセルなどのPVやVJを手がける。
現実のすき間でふと迷い込む、 美しく不条理なファンタジー世界を描く。

映画『FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー』Official WEB

作品歴
映像作品
1999 『真空会』 ビデオ/19分/1999
2001 『真空花』 16ミリ(ビデオ版)/12分/2001
2001 『ダガガダ』 ビデオ52分/2001 イメージフォーラムフェスティバル入選
2002 『少年歌』 ビデオ/31分/2003 劇場公開
2008 『FLying Boat FLoat ー飛行艇、浮かぶー』 ビデオ/45分/2008
PV作品 Director / Camera
2000 キセル 『ホロホロ』
2002 キセル 『近未来』
2005 キセル 『夏が来る』
2005 sanch(佐野史郎、GRACE、橋本潤、エマーソン北村) 『うそでもいいから好きといって』
2006 斉藤和義『破れた傘に、くちづけを』

真空会

出演:来栖涼子 末永みな子 河野真樹子
監督・脚本:工藤里沙
なにもみない、きかない、しないサークル「真空会」を作り、
その中で難解で意味のない言葉を詩的に語る女三人。
ところがある日、「真空会は永遠に活動を停止する」という張り紙が・・
見つけたひとりは、他の二人を探しに行く。

真空花

出演:嶋村友一 来栖涼子
監督・脚本:工藤里沙
孤独な少年が、花を食べる不思議な女のひとと出会い、一時を過ごす。

ダガガダ

イメージフォーラムフェスティバル2002一般公募部門入選作品
出演:水野智子 来栖涼子 川井正和 他
監督・脚本:工藤里沙
「戻るひと、戻らないひと、戻れないひと、たましいのうねり」
ある日突然、不可思議な迷いの世界ダガガダに迷い込んだ女が、
現実に戻るまでの話。

少年歌

2003年度劇場公開作品
出演:中村憲和 古澤龍之 田立牧 KONTA
監督・脚本:工藤里沙 製作・配給:タリタクム
母親と2人っきりで暮らしている孤独で夢見がちな少年。
ある日マジシャンと旅をするもう1人の少年と出会い、奇妙な友情で結ばれる。

FLying Boat Froat -飛行艇、浮かぶ-

出演:本多力(ヨーロッパ企画) 日子 エマーソン北村
音楽:キセル   監督・脚本:工藤里沙 製作:BCSF
Last Flight with my girl. Fantasy at night.
三郎は病気で死んでしまった恋人、二子の四十九日に彼女と
夢の中で再会し、飛行艇に乗って一緒に最後の旅をする。
さようならまでのつかの間の時間、夜のファンタジー。

  • イメージフォーラムtwitter
  • イメージフォーラムFacebook
  • IFF
  • イメージフォーラム映像研究所
  • >